La Dolce Vita

花の静物画です。

こういう絵はたいてい花瓶に入っていますが、ごらんのようにこの絵もそうです。
花瓶は中が空っぽで、外側がかたいことによって容れ物になっていますが、この花瓶に大きな意味があると読み解きます。外がかたくて中がうつろ、つまりこの世界、あるいは人生を表しています。

この絵の場合、花瓶は硝子でできているようですが、余計に儚くて割れやすいということの象徴です。

そして花が活けられています。ひまわりのようにも見えますが、ひまわりだとすると夏の花として知られています。花言葉は、太陽を追って向いていくことから、あこがれ、あなたを見つめる、愛慕、敬慕、崇拝、情熱という意味もあるようです。

つまり、あなたの人生はいま輝いているよ、ということを読み解いていくこともできます。

絵を見るという行為から読むということが始まったのは15世紀、ルネッサンスの頃からだと言われています。
そういった寓意図としての鑑賞も愉しい、安東克典、Up North期の一幅です。

絵のサイズ:300mmx205mm
紙のサイズ:380mmx285mm

絵は額装してお届けいたします。額装の状態は額装サンプルをご覧ください。表示価格に発送料は含まれています。

¥ 972,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する